運輸安全マネジメントに対する取組状況

輸送の安全に関する基本的な方針

我が社は、「地域に密着し、地域の人たちの手足となって働くこと」をモットーとしています。そのためには、礼儀正しく人をおもんばかる人間性と、時間を守りトラブルの無い安全確実な車両の運行が要求されています。

この目的の遂行のために以下の方針を策定します。

1 我が社にとって輸送の安全の確保は事業の根幹であり、安全の確保を最優先にした事業の運営を図ります。

2. その実現のために社長及び役員が主導的な役割を果たし、輸送の安全に関す る計画の作成(Plan)、実行(Do)、チェック(Check)、改善(Act)(以下「PDCA」という)を確実に実施し、安全対策を不断に見直すことにより、全社員が一丸となって、社員が安心して働ける職場環境作りと、安全意識の啓発に努めます。


輸送の安全に関する目標

2017年度安全目標

1. 人身事故・物損事故を絶滅させる

             人 身 事 故          0件

             物 損 事 故          0件

    自動車事故報告規則に規定する事故 0件

2. 酒気帯び・速度超過・過労運転を完全に撲滅させる

3. 運転中シートベルト着用・携帯電話不使用の完全実施

 
輸送の安全に関する計画

A、2016年度実績

1, 交通事故発生状況

      物損事故      3
              内訳 バック1件、追突1件、庇破損1件

          人身事故       0

          携帯電話       0

      速度違反       0件

      シートベルト  0

   自動車事故報告規則に規定する事故  0件

 

2, 実施した事故防止・安全対策

○交通違反者に対し精勤手当カット

○1年間4回以上の交通違反者は乗務停止

2年以上の無事故無違反者は精勤手当割増

B、推進計画

1,  安全推進会議で全従業員に目標の設定を図る   

2,  社内に目標の実績を掲示し、全従業員に推進状況の共有化を図り

     目標達成に努力する。

3,  違反や事故の多い運転者と個別に面談し安全対策を話し合う

4,  自動車事故対策機構が実施する適正診断の受診

5,  携帯電話保持違反をなくすためにワイヤレスイヤホン推進


 
輸送安全マネジメントの取り組みの公表

A、目標の達成状況(2017101日現在)

        物損事故   1件(追突)

        人身事故  1件(上記事故による負傷)

   自動車事故報告規則に規定する事故  0件

B、事務所内掲示による公表 

C、ホームページによる公表


株式会社ことぶき流通システム米子(本社)営業所
                 代表取締役 和田博壽




              トップページへ戻る